障がい者アート配信サービス

para campus logo.png

障がいがありながらも

創作活動を続ける人々たちの作品で
新しい企業価値を提供いたします

アート提供:一般社団法人障がい者アート協会

art.png
120作品配信icon.png

※アート作品は一例です。告知画面の内容、デザインは変更になる場合がございます。

ParaCanvas 障がい者アート配信とは

近年、障がい者アートという言葉をよく耳にするようになりました。これは福祉関係者の長年の努力の結果その個性的な作品が世に認められた証です。
しかし、自立し満足な経済的対価が得られているアーティストはごくわずかなのが現状です。
ParaCanvasは「障がい者アート協会」とパートナーシップを組みデジタルサイネージでその作品を配信することで、企業様・団体様に作品を絵画のように楽しんでいただき対価をいただくことで継続的な経済循環の仕組みをつくり、障害がありながらも創作活動を続ける人々と社会をつなぐことを理念とした新しい配信サービスです。

ParaCanvas 導入のメリット

現代社会では企業による社会貢献活動・慈善的活動は企業イメージを高めブランディングを確立するための必要不可欠な行動となっています。また、企業や団体にはSDGsに対する取り組みが求められ、その要求はここ1〜2年で急速に高まって来ています。ParaCanvasの障がい者アート配信は、イニシャルコストの負担がなく比較的低コストで継続的に行える社会貢献活動・慈善活動で、同時にSDGsへの取り組みも社内外へ発信いただける、障がい者・導入者様の双方にメリットがある配信サービスです。

SDGs への取組

障がい者アート配信サービス『ParaCanvas』を取り入れて頂くとSDGsへの取り組みとして、SDGs目標の8・9・10に取り組んでいると言え、社内外へその事実を発信していただけます。

ParaCanvas のしくみ

para campusしくみ.png

●アート配信中に、一定間隔で障がい者アート配信であることの告知も配信され、
 社会貢献・慈善活動の取り組みを伝えることができます。
●アート配信の内容は障がい者アート協会と配信事業者で選定させていただきます。
●タテ置き、ヨコ置きで配信内容が異なる場合がございます。
●配信サービスのご契約は最短で24ヶ月となり、
​ それ以降は両者から申し出が無い限り自動延長となります。

【一般社団法人 障がい者アート協会】

障がい者に直接関係の無い人や、関心が無い人、そういった障がい者と距離のある人達に障がい者アートを通じて理解を促進し、興味を持ってもらえる社会を目指し、2015年12月に設立された一般社団法人です。その活動は「誰一人とり残さない」仕組みで運営されており、版権利用の対価は作品が採用された障がい者アーティスだけでは無く、一定金額が「創作活動応援費」として登録アーティスト全員に均等分配されています。この仕組みは登録するすべての障がい者アーティストに社会参加を意識させ、新たな創作への意欲・生きがいとなっています。

campus size.png

配信機器について

配信用のデジタルサイネージは弊社から貸し出しさせていただきます。
下記2機種よりお選びいただけます。

イニシャルコスト ¥0

かんたん設置

超薄型モニター

Wi-Fi 接続

おまかせ管理

​設置イメージ

※イーゼルはオプションでお付けすることは可能です。
※使用場所で取り付け工事が必要となる場合はお客様ご自身でご手配いただくか、別途にてお見積りいたします。
※アート作品は一例です。告知画面の内容、デザインは変更になる場合がございます。

イーゼル設置 49インチモニター
イーゼル設置 49インチモニター
壁面設置 49インチモニター
吊り下げ設置 32インチモニター
イーゼル卓上設置 32インチモニター
イーゼル卓上設置 32インチモニター